日像上人の足跡をたずねて
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日像上人の足跡をたずねて

日像上人の霊蹟、由緒の地の巡礼記

長栄山本行寺(福井県越前市武生柳町)参拝記【参拝記その13】〜「岩題目」と「題目岩」

このエントリーには、「岩題目」と「題目岩」という副題がついています。福井県にある、よく似た名前の日像上人のふたつの聖遺物について紹介します。 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 妙智寺と隣接して…

具足山本像寺(滋賀県守山市今宿)参拝記(参拝記その10)

日像上人ゆかりの寺々への参拝は、月曜日に京都での仕事を終えた帰り道におこなっています。 山城国内(京都府南部)でお参りすべきお寺がまだ一ヶ寺のこっています(→鶏冠井北真経寺)が、本日はちょっと遠回りして、滋賀県守山市にある、「近江三ツ具足」…

法華経守護の諸天善神(2)鬼子母神・十羅刹女と三十番神

三十番神とは、日本を日替わりで守護する30柱の神々の総称です。 日像上人は、「朝廷の守護神であり、日本の国の守護神である三十番神の御守護を頂く事が何よりも大切な事であるとお考えになりました。日像上人は行く所、至る所、まずそこの神社に詣でて社神…

法華経守護の諸天善神(1)「大曼荼羅御本尊」に勧請されている諸天・善神

「法華経守護の諸天善神」の第1回目として、日蓮宗の檀家の仏壇でお祀りしているご本尊「大曼荼羅」に勧請されている神々をご紹介します。 日蓮聖人が考案した「大曼荼羅」の真筆は125幅ほど残されているそうですが、わが家の「大曼荼羅御本尊」は、「永安…

日蓮宗寺院の情報源

日像上人ゆかりのお寺をさがす上で、最強のツールが 池上本門寺 編『日蓮宗寺院大鑑』(大本山池上本門寺,1981)日蓮聖人七百遠忌記念出版事業として編纂された日蓮宗寺院の全リストともいうべき本で、全寺院に対して行われたアンケートを土台に、編集部に…

日像上人の霊蹟・由緒の地

日像上人は、日蓮聖人より「帝都弘通」(ていとぐづう)の命をうけ、北陸経由で京都をめざしました。その道すがら法華経の教えを説き、いくつもの寺院を改宗させました。 これからお参りしていきたいと思っている、日像上人の霊跡・由緒の地の一覧です。 お…

わが家の菩提寺:金龍山妙國寺(福井県越前市)

わが家は代々の日蓮宗檀信徒でしたが父の代より福井県をはなれ、季節ごとのお寺の行事にはほとんど参加せず、年ごとの檀家割り当て金をお納めし、家族のだれかがお盆の法要に参加する、という、いわゆる葬式仏教徒の一歩手前の、あまり信仰心のない家にそだ…